基礎代謝を上げる方法とは

  • 手や足、体がよく冷える・・・
  • 体のだるさがなかなか抜けなく疲れやすい・・・
  • 便秘気味である・・・
  • 顔色が悪くて老けて見られる・・・
  • ダイエットしてもなかなか体重が減らない・・・
  • カサカサと乾燥して肌荒れがひどい・・・

など当てはまりませんか?

 

2つ以上当てはまったら気をつけて!

 

これは、代謝が悪い方の特徴なんです!

 

男女ともに基礎代謝は、年齢とともに悪くなり、そして40代からは急激に低下していくんです。

 

基礎代謝が落ちるとどうしていけないの?

特に、女性は体が冷えて、体の脂肪を燃焼しにくくなり、太りやすくなります。上記のような体にさまざまな不調が起こり、最悪病気になることもあります。

 

そこで、改善しないといけないのが冷えであり、低体温なんです!

 

この冷えを解消することで代謝が落ちにく体にする必要があるんです!体温を上げて尚且つ代謝を上げることで、冷えを改善して今まで悩んでいた体の不調やダイエットをしても痩せなかった体を改善することができます。

 

ここでは、体温を上げてくれるサプリメントをご紹介しています。

 

これらのサプリメントを活用することで、冷えや低体温を解消して代謝を上げて痩せやすい健康的な体を作っていきましょうね。

おすすめサプリメントランキング

 ★☆★  韓国美人の源をギュッと凝縮!  ★☆★

人気モデル・アンミカさん愛用!大人気サプリ!!女性に嬉しい成分を一粒にたっぷり凝縮
高麗美人はその中でも人気の高い食材。高麗人参を使ったサプリメント
初回のみ送料無料/安心の返品保証
価格 評価 備考
3,024円 評価5 初回限定

江崎グリコの【αGヘスペリジン】みかん生まれのポリフェノールがめぐりをサポート!

「みかん風呂で温まる」昔の知恵から生まれたサプリメント!
冷えた環境から抜け出したいあなたに…「みかん生まれ」のポカポカパワー
初めての方限定の特別価格!!まずは15日間お試しください
価格 評価 備考
1,000円 評価4 初回限定
【江崎グリコ】αGヘスペリジンの総評
代謝が低いこともあって低体温だったのですが、サプリを飲んでからは体温も上がり基礎代謝も上がってよかったです。おかげで痩せやすい体にもなったし体も以前より体調がいいです。飲みやすいからいいですよ。

体温をあげると何がいいの?

最近では筋力の低下などが原因となり、一般的な人よりも体温が低い人が増えていると言われます。

 

通常の健康体の人であれば平熱が36.5から37.1度というのが平均的で、36度よりも低い場合を低体温と呼び、冷え性になったり風邪をひきやすくなったりなど、体に色々な不調をもたらしてしまいます。

 

健康な生活を送るためには、体温を平均的なレベルにあげる方が良いのです。

 

体温をあげると何がいいのかというと、まずは免疫力があがるという点が挙げられます。

 

人間の体内には隅々まで血管が張り巡らされており、細胞に酸素や栄養を送り届けると共に、免疫機能を持った白血球の働きによって、体内に入り込んだウイルスや細菌といった有害な異物を退治してくれています。体温が下がると血流が悪くなって、この白血球が異物のあるところまですぐに行き届かなくなってしまい、免疫力が低下してしまいます。

 

そこで体温をあげると白血球をスムースに行き届かせるようになるので、免疫力があがるというわけです。そうして免疫力があがると、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくくなります。

 

次に考えられる点としては、基礎代謝が上がり太りにくい体になるというものがあります。基礎代謝は呼吸や体温調整などに必要なエネルギーを消費することで、寝ていても行われるため多くのエネルギー消費となります。

 

基礎代謝が上がり太りにくい体になるというのは、そのエネルギー消費がさらに多くなるためです。

 

ダイエットを志しても断念する理由としてはなかなか痩せない上にすぐリバウンドしてしまうというものがありますが、基礎代謝が上がり太りにくい体になるとそのような問題も解消できるのです。

体温をあげる低体温対策とは

最近、子どもや大人年齢を問わず『低体温』で悩んでいる方が増加しています。

 

これは、平熱時の体温が35度台である人を指します。私たちの体の平均体温は36.5度ぐらいと言われており、この体温の時に最も体内の酵素が活発化するとされています。

 

『低体温』に陥ると体内の酵素の働きが低下し、基礎代謝や免疫力の低下を引き起こします。これによって、様々な体調不良の原因になってしまうんです。

 

具体的いうと、更年期障害、基礎代謝の低下による肌荒れ、自律神経失調症、生理不順など例を挙げたらキリがありません。その他にも、肩こりや頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠といった様々な体調不良の原因になってくるんです。

 

「低体温症」の人は内臓の温度が上がりにくくなるため、抵抗力が弱くなり風邪等が普通のの人より治りにくくなってしまいます。このように、「低体温」は私たちの身体に様々な悪影響をもたらすのです。

 

さて、様々な体調不良の原因となる「低体温」は、いくつかの原因が考えられます。冷たい食べ物や甘い食べ物の取り過ぎや無理なダイエット、運動不足、過度のストレスによる血行不良、自律神経の乱れなどが挙げられます。また、最近では加工食品の取り過ぎによって、体内のブドウ糖を熱に変える役割を担うビタミンやミネラルといった栄養素が不足する傾向があり、これによって「低体温症」に陥ってしまうことも多くあります。

 

私たちの身体にとって「低体温」は大敵です。体温を上げる対策を行い、早急に「低体温症」を改善することで快適な生活を送りましょう。